前職での経験を明確化する

エントリーシートの記入にあたって、基本的には正直であることが最も大切です。企業にとって、第二新卒とは新卒よりも経験があり、中途入社よりも将来性がある貴重な人材です。そのため、新卒よりも信頼されやすく、中途入社よりも期待されやすいポジションになり得ます。第二新卒に対して、中途入社ほどのスキルや社会経験は企業側も求めていません。

そこで、エントリーシートを書く際は前職での経験とやる気をアピールすることで、自分がそのポジションをしっかり理解し、強みも弱みも把握していることを周囲に示すことが出来るでしょう。前職での経験は、たとえ一年や二年だけの経験だったとしてもアピールすべきです。前職で何を経験し何を学んだか、それほど明確な理由がなかったとしてもどんな気持ちの変化で退職を決めたかをはっきりと言葉で表現していきましょう。前職ではどのような業務内容でどんなスキルを学んだか、あるいは学べる機会にあったかを明確に表現することも重要です。

弱みも強みに変えられる

退社したという事実から目をそらさず、なぜ退社に至ったか、自分にどんな弱みがあったかをしっかりと説明することも重要です。前述のように、企業は第二新卒に将来性を期待しています。中途採用よりも適応力や柔軟性があり、それらをこれからの職場や現場で活かしてほしいと思っています。しかし、前職を退職した理由が非常に気まぐれなものであったり、責任感の無さを感じさせるものであると、一緒に働きたいとは思えないでしょう。

弱みがあることが問題なのではなく、弱みを知らないことやそれを改善する努力を何も行っていなことが問題なのです。自分にどのような改善点があったのか、それに対してどのような捉え方や努力を行っていこうとしているかをアピールするのが重要です。コミュニケーション能力や自己管理能力、問題を解決する能力の改善点を、「前職での経験を通じて発見できた」というように表現することで、失敗を通して成長しようとしている姿を見せることができ、それが将来性を感じさせるものとなるでしょう。

改善とやる気はリンクしている

コミュニケーション能力や責任感を培う上で役に立った経験や、業務を通して見えてきた社会生活に必要な要素をアピールすることも役立つでしょう。

接客や業務管理能力をどのように培ったか、あるいは失敗を通してそれらの必要性をいかに学んだかを自分の言葉で書くようにしましょう。改善の努力を見せることは、やる気を感じさせる上で重要な要素です。