現場での相性

新しく入社する企業先で、現場で働く社員の皆さんや社風との相性も考えなければならない重要な要素です。第二新卒の強みを活かし、現場に柔軟に馴染んでいくことも確かに必要なスキルですが、やはり自分という人間性もある程度大切にしなければなりません。現場で働く際に、どれほど努力しても相性が合わないという環境がずっと続くようであれば、自分のためにさらなる転職を考えるようになるかもしれません。

転職には現場での相性やある程度のマッチングも大切です。例えば、真面目で仕事の質やお客様を最優先に考える現場で、友達が多く最先端の雰囲気を好む人はやっていき辛いと感じるかもしれません。逆に、真面目で会話をそれほど好まない人が、フランクでコミュニケーションが非常に多い職場に馴染むのも難しいでしょう。このように、現場での雰囲気や相性をある程度考え、可能であれば現場を観察することで、自分にとって働きやすく続けやすい環境を見つけることが出来るでしょう。残業や休日出勤に関する現場の現状や、経営理念や社員の意識などもこれに関係しています。一般的に、これらの要素は社風と呼ばれ、会社の雰囲気や性格全体を指しています。

相性は転職の正当な理由

社風が自分に合っていれば、朝礼や忘年会、休憩時間の雰囲気やちょっとした社内ルールなど、細かな点でもストレスを溜めずに仕事を続けられるでしょう。反対に、社風が合っていなければ小さなことでストレスが溜まりやすく、結果として、言葉ではうまく説明できないものの“働きにくい”と感じてしまうものです。現場での相性は、すべてに優先される最も重要な要素ではないものの、決して無視できない重要な影響力です。自然体の自分でいることができ、非常に心地よいとまではいかなくても不快な思いをせずに仕事に集中できる環境では、自分の集中力やポテンシャルも最大限に発揮されます。“社風が合わない”という理由で仕事を変えることに疑問を挟む意見もありますが、むしろ自分を生かすことのできる職場に転職することは、自分にとって必要な選択肢です。

やりがいがあり挑戦的な仕事に取り組むのも楽しいものですが、楽しく無理なく働くことのできる職場も大切です。この二つを両立できる職場に勤めることができれば最も理想的ですが、両立が現実的ではない場合には、後者を選ぶ方が精神衛生上優れていると言えます。もちろん、完璧な職場というものは存在しません。自分が成長しなければならない要素を抱えている場合、以前の職場を辞めてより快適なところを探したとしても、同じ問題にぶつかる可能性が高まります。ストレスがない職場ではなく、ストレスがより少ない職場を探すように心がけましょう。

期間を決めて頑張ってみる

目安として、半年間最大限に頑張って自分を合わせようとしたものの、どうやっても居心地が悪く感じたり無視できないストレスを抱えるようであれば、転職を考える時期ているのかもしれません。

転職前には社風を調べることで、現場での相性をある程度垣間見ることができるでしょう。