適性や適職は変化する

もしあなたが、第二新卒と呼ばれる時期を迎えていらっしゃるのでしたら、今一度適性や適職を見直すのは非常に適切です。大学や新卒のころに行った自己分析や診断は、その後の数年で変わる可能性を秘めています。自分が社会に出て経験を積み、ある程度成長していることが理由です。忙しく就職活動を行い、就職先の企業では新しい環境に慣れるために必死に働いていた頃には、自分をゆっくり見つめ直す時間も余裕もないものです。

それが転職を考える時期になると、単に待遇や給与面でより良い職場を探すだけでなく、自分にとって向いている仕事とは何かを考えるのにもふさわしいタイミングとなるでしょう。適性を改めて見直すことで、今まで一切興味のなかった職種の中にも、自分に向いていそうなものが見つかるかもしれません。選り好みせず責任感を持って働くことも重要ですが、それと同じほど大切なのが自分に合った職種を探すことです。興味や自分の得意分野によって、同じ職種の中でもどの現場に就くかも変わってきます。

自分の長所と短所を分析し、限界を見極める

自分の適性や適職を知るには、まず自分の長所と短所を分析することが不可欠です。自分の長所を知るには、今まで成功してきた体験や印象的経験を振り返ることが役に立ちます。どんなときに最も達成感を感じたか、どの瞬間に自分の能力を活かせている感触が得られたかが、自分の長所を探すを上でのヒントとなるでしょう。日本人は真面目な性格だと言われている通り、多くの人にとって自分の長所を見つけるのは簡単なことではありません。自分の短所を探す方が簡単だと感じる人は多いものの、欠点を改善するのと同じほど長所を見つけるのは難しいものです。

短所を見つけるにあたっては、それが自分に向いていない仕事や触手を浮き彫りにするヒントとなります。自分の限界が分かっていれば、自分が努力できる分野が範囲を冷静に見極めることができ、自分のポテンシャルも最大限に生かすことが可能になります。時には、自分の短所となる部分を上手にコントロールすることで長所として生かすことができ、新たな職場はおろか今いる職場においても、自分の新しい武器として活用することができるかもしれません。

自己分析を活用する

自分を見つめ直すことは、自分に疑問を持つためではなく、より良く自分を知るためのものです。

消去法でも構わないため、自分に向いている職種や現場を極めるために、もう一度自己分析を行ってみることをお勧めします。