平和を作り出せるスキル

自分の強みを活かすことばかりを考える人物よりも、性格がよく周囲と問題を起こさない人物の方が採用されます。これは、面接官が「一緒に働きたいと思えるかどうか」という基準で考えているようです。スキルや経験も採用にあたって考慮される要素ですが、あくまで補助的な領域を出ない要素として考えられていることが、ほとんどのアンケートに示されています。面接に挑む側としては、自分が持っているものがどれほど役に立つかアピールしていきたいものですが、担当者は仕事が出来るかどうかよりも性格が良いかどうかを重視することがほとんどです。

一緒に働きたいと思わせるのは、まず第一に人と平和にやっていける人がどうかです。どんなにスキルや経験がある人でも、周りと摩擦を起こしてばかりの人は大きなわだかまりや不満を発生させ、仮に採用したとしても担当者が失敗したと感じさせる理由になります。しかし、平和にやっていけるスキルのある人はどんな環境においても安心して業務を続けさせることができ、人間トラブルや衝突を気にせずに業務に集中することができます。そうした人間性の良し悪しは、採用担当者が最も重視する性質です。

仕事に対する興味や成長率

一緒に働きたいと思わせる別の要素は、仕事に対する“熱量”です。これにもスキルや経験は必ずしも必要ではないようです。仕事に対して興味や関心を持ち、学んでいく真摯な姿勢を見せることが非常に重要です。仕事に対して真面目な人柄は、初期のミスを帳消しにするほどのメリットを担当者に感じさせます。そういう人は成長していこうとするやる気があり、教えれば伸びる人材だとみなされるからです。実際、何も経験がない職場でも飲み込みが良いと、やる気があり仕事に役立つ人材として扱われます。

長期的な視野をもって一からしっかりと学ぶ人は、担当者が採用してよかったと思える人物です。採用を担当する人は成長する見込み、つまり将来性がある人材を探しており、これは仕事に対する意気込みや興味にかなりの程度表れます。スキルや経験があるに越したことはありませんが、あるからと言って必ず採用に至るわけではありません。実際に、面接担当官のインタビューやアンケートなどを調べてみても、スキルや資格はプラスαの評価材料になっても採用する基準にはならないという声が圧倒的です。

人間性を鍛える

もちろん、中には即戦力を求める企業もあり、そういったケースでは上記の人間的なスキルや能力があまり重視されないこともあるでしょう。

しかし、基本的には人間として出来た人が優先され、スキルや経験は後から学べるということを覚えておいてください。