性格を考える

天職に就くための自己分析を行うには、自分の性格を知ることから始めましょう。自己分析というと、長所と短所や自分の持っているスキル、あるいは経験などを考えてしまいがちですが、自分という人間を分析するにあたって性格を外すことはできません。性格が重要なのは、スキルや経験などと比べて変化させたり増減させることが難しく、それでいて仕事に大きな影響を与えるからです。例えば、前職に比べてチャレンジングでスキルアップに役立つ仕事がしたいという方には、そういった社風の会社に入社できれば天職となるでしょう。会社の方針がチャレンジングで、リスクを恐れず新しいものを生み出していく社風だからです。

しかし同じ会社に、着実でリスクを回避することに長けた人が入社すれば、積極性がなくやる気がない社員とみなされてしまうかもしれません。本人的には最大限に努力しているつもりでも、自分の性格が無意識のうちにリスクを避けて安定した選択肢を選んでしまうからです。そしてどんなに努力していても、その会社で自分の出来ることは限られてしまいます。同じ人が、金融系や事務系の会社や企業に入社した場合、着実に業務をこなしていける人は無意識に安定して仕事を続けられるものの、チャレンジを求める人や着実性が弱い人は、日々同じ業務を続けたり細部にまで数字を合わせるような仕事は難しいでしょう。

その会社が何を求めているか

企業や部署が求める特性を把握することも大切です。これにはその企業の説明会や見学に直接参加することだけでなく、転職や求人コンサルタントの意見を求めることでも可能です。特に、自己分析の診断ツールやサイトを提供している求人サイトでは、実際に企業を選ぶうえでも相談に乗ってくれるでしょう。企業が求める人材や能力を聞いてしまうことで、最短で自分との相性を考えることが出来るでしょう。

同職種の企業でも求めるものが違うということはよくあるものです。全く同じ社風の企業に巡り合うことはまずありません。しかし、入社してから自分に合わなかったという理由で辞めてしまうと、短期間で辞めたことが次の転職活動に響いてしまいます。入社する前に、自分に合うものかどうかをしっかりと見極める必要があります。自分の長所やスキルを必要とする会社で働くことが出来れば、自然体で仕事に取り組むことで高く評価されるでしょう。

相対的に自分とマッチしているか

完全な職場は存在しないため、自分の求める要素を優先できる会社が天職であり適職であるということになります。

自分がより強く持っているモチベーションや願いを満たせる職場では、自然と自分の能力を活かせることが出来るでしょう。