現場経験を新たなエネルギーに変える

第二新卒に求められているのは、社会に出て現場で経験した体験や失敗です。様々な社会体験を通して、社会人として働くとはどういうことかを経験していることが第二新卒の強みです。そこから生まれてくるのはやる気でしょう。前職が合わなかったというのは、自分にとっての転職やより良い職場を探してることでもあります。本当の意味で自分を理解し仕事を選ぶのが第二新卒であるため、社会に出た現場での経験はその人にやる気や新たなエネルギーを与えます。

チャレンジ精神を持って問題に立ち向かい、失敗してもそこから教訓を引き出す粘り強さやがむしゃらなやる気が評価されることが多いようです。第二新卒とは、一般的に新卒で就職して3年以内の人材を指す言葉です。つまり現場でのキャリアやスキルではなく、現場に出たという経験そのものが武器となります。第二新卒に中途採用と同じスキルや即戦力を期待する企業はありません。将来性を感じさせると言いつつも未知数であるため、やる気や過去の少ない経験を活かすバイタリティーが高評価につながります。目的達成のための意志は、面接担当官がやる気を感じるうえで非常に重要です。

将来性を感じさせるもの

将来性に期待するという企業も少なくありません。それには、現時点で業務をコツコツとこなしていく安定性や責任感が身に付いていることが求められます。これは、ほんの数年だとしても現場で経験したことが非常に役に立ちます。社会で求められる要素は学生時代に求められるものとは異なります。自由が大きくなる分責任も大きくなり、それを安定して背負っていける強さや自己管理が求められます。これも現場経験の一つに数えられるもので、責任感に加え仕事に対してやる気や学んでいく姿勢があるなら、面接担当官は将来性があると感じるでしょう。

学んでいく姿勢は大切です。これは教えられるのを待つ学校のようなスタイルではなく、自分から率先して、業務に必要なスキルや自分に欠けているものを吸収していこうとする姿勢でなければなりません。学習スピードが速ければ、過去に経験がなかったことなどはささいな問題でしかありません。特に、志望理由や前職を辞めて学んだことなどをはっきりと自分の言葉で説明できれば、意識が高く将来性があるとみなされるでしょう。

将来へとつなげる現場経験

このような仕方で現場経験をアピールできれば、採用への道のりも見えてくるかもしれません。

これらの要素は、前職での実績や業績などよりもむしろ評価される傾向にあります。成長意欲や伸びしろをアピールしていきましょう。